トップページ

福岡、東京、千葉、神奈川に
薬局を展開する調剤薬局グループです。

薬局経営者の皆様へ
新卒薬剤師 採用情報 中途薬剤師 採用情報
薬局経営者の皆様へ
Pocket

  1. トップページ
  2. 医療・薬局・介護従事者の方へ
  3. 薬局経営者様へ
薬局経営者様へ薬局経営者様へ

薬局経営者様へ


定期的にセミナーを開催

在宅に取り組んで12年、
私たちは自社のノウハウを公開し、
街の薬局と連携いたします。


 在宅に取り組みたいが、「何から始めればいいだろうか」、「うちの薬剤師は訪問服薬指導を正しく行えるだろうか」、「人手が足りない」、「介護保険に関する知識が不足している」、「麻薬や無菌調剤が必要な製剤の供給はできるだろうか」など課題は多岐に渡るようです。
自社完結で始める在宅のハードルの高さは、創業当時より在宅に取り組んでいた私たちが一番よく知っています。
そのような悩みを抱えてらっしゃる薬局経営者様の現状に対し、HYUGA PRIMARY CARE株式会社は現在薬局の連携に取り組んでいます。

動画で見るきらり薬局ボランタリー事業について

動画で見る
きらり薬局
ボランタリー事業について

※2020年10月1日よりHyuga Pharmacy株式会社より「HYUGA PRIMARY CARE株式会社」へ改名

患者さん(利用者さん)が24時間365日、
自宅で「安心」して療養できる社会インフラを創る。

患者さん(利用者さん)が24時間365日、
自宅で「安心」して療養できる
社会インフラを創る。

連携

HYUGA PRIMARY CARE株式会社は開設当初から在宅・外来保険調剤薬局として在宅医療、介護に携わり24時間365日の体制で通院が困難な利用者様をお薬の面でサポートし続けてきました。しかし、今後の薬局の在り方や、「患者さん(利用者さん)が24時間365日、自宅で「安心」して療養できる社会インフラを創る。」という弊社の企業理念を実現するには、他の薬局様とも連携して地域包括ケアを作っていくことが必要だと考えています。
この図は厚生労働省が平成24年に出した小規模薬局の連携評価の概要です。まずは弊社のこれまでの取り組みで得られた知識や見解を共有できればと考えております。

                 

独立開業を目指す薬剤師さんへ、
在宅業務ノウハウの提供、開業をご支援

独立開業を目指す薬剤師さんへ、
在宅業務ノウハウの提供、開業をご支援

 

ボランタリー事業の一環として、これまで数多くの独立支援に携わった実績をお持ちのケイファーマ社と連携し、薬局の開局・独立支援を行います。連携により、独立までのノウハウの提供・開局案件のご紹介・弊社で培った在宅業務のノウハウ提供と独立までの準備段階~独立後の運営支援まで、独立を目指されている薬剤師の皆さまを長期的にサポートいたします。ケイファーマ社が開催している【独立開局成功塾】は、日本全国に1つでも多くの地域密着の薬局が増えて欲しい!と2016年10月よりスタート。現在(2019年8月)5期目をむかえ、大阪、東京にて延べ50名以上受講している。

                 


個別相談・講演依頼・店舗見学など歓迎いたします


「訪問調剤の実情、継続ノウハウ」や「遠隔服薬指導の展望」「報告書システム」など
毎年120%成長を遂げる経営ノウハウを共有いたします。お気軽にお問い合わせください。店舗見学も歓迎します。

HYUGA PRIMARY CARE株式会社 
TEL:092-558-2120

対応時間:月〜金 9:00〜18:00 担当:小西(西日本)・岩見(東日本)

電話をかける

 

お問い合わせ・講演依頼・店舗見学

 

お申込みリーフレット





まずは店舗見学から
01

まずは店舗見学からでも大丈夫です。


在宅に興味を持たれましたら、まずは弊社店舗を見学いただければ在宅のイメージが想像しやすいかと思います。お気軽にご相談ください。


連携のメリット


弊社12年の結晶、在宅ノウハウを余すことなく公開。
01

弊社12年の結晶、
在宅ノウハウを余すことなく公開。


弊社独自の在宅におけるノウハウを公開いたします。創業以来、試行錯誤を繰り返し確立したノウハウは他では得ることのできない情報であると自負しています。また、介護事業者への対応、緩和ケアにおけるPCAポンプ等の指導ができる薬剤師、事務員さんの指導派遣なども可能です。

緩和薬物認定薬剤師の詳細
在宅を理解した人材の共有で薬剤師の負担を軽減
02

人手不足でも大丈夫です。
在宅を理解した人材の共有で
薬剤師の負担を軽減します。


提携先の薬局にオンコールや臨時処方におけるマンパワーを提供することで、在宅を始める際の薬剤師への負担を軽減いたします。
●オンコールの待機対応(電話対応)
●臨時処方専門薬剤師の派遣対応
上記以外にも在宅経験豊富な薬剤師のスキルとマンパワーを共有いたします。詳細はお問合せください。

在宅には必要不可欠、自社開発薬情システムを貸与。
03

在宅には必要不可欠、
自社開発報告書システムを貸与。


自社で独自に開発した薬情システムを貸与することで薬局運営をサポート。薬剤師の書類作成業務、提出業務をICT化したシステムと、患者さんが利用されている施設のスタッフなど介護従事者が処方情報に即座にアクセスできるシステムの2種類を貸与。
在宅に必要な機能が多数組み込まれているため薬剤師の業務の劇的な効率化と、介護施設へのサービス向上が導入後すぐに期待できます。

薬剤師はこれまで面倒だった報告書の作成、送信、管理をクラウド上で完結。介護スタッフはパソコン、iPadなどの端末から患者さま別に投薬情報が簡単な操作で観閲できます。通常業務に限らず、時間と場所を選びません。また、薬情はクラウド側にデータがバックアップされますので、震災などによる災害時も薬情を観閲可能です。また、これまで紙で保管していた薬情がすべて電子化されますので業務の負担軽減、設置場所の削減に繋がります。

狭間 研至 (はざま けんじ)

在宅業務の動摩擦係数を
低減するシステム


薬局業務において重要なことは、業務の動摩擦係数を徹底的に低くすることですが、外来業務に比べて種々の業務が頻雑になる在宅業務ではなおさらこれは大切です。特に、患者情報の記録やそれに基づく報告書の作成、関連各所への送付は、健康保険の適正な業務遂行のためには欠かせません。
そのような観点からも、在宅を始めた当初であれば手作業で可能ですが、担当患者数が50を超える頃からはシステム化を考え、100を超えるようになるとシステムの導入は必須です。
ファムケアは、現場の声をもとに現場で試行錯誤を重ねて作られた在宅業務の動摩擦係数を限りなく低くするシステムです。
業務のモレを防ぎ、質を上げ、適正な請求につなげるためにも、ご活用をお勧めします。


狭間 研至 (はざま けんじ)
昭和44年 大阪生まれ 医師/医学博士

ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/
PHB Design株式会社 代表取締役社長/
一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長/
医療法人嘉健会 思恩病院 理事長/
熊本大学薬学部・熊本大学大学院薬学教育部 臨床教授/
京都薬科大学 客員教授/

御社の医薬品デッドストックを買取ります。
04

御社の医薬品デッドストックを買取ります。


有効期限6ヶ月以上の医薬品デッドストックを弊社で買取ります。医薬品を無駄にすることなく薬局の運営が可能になり、同時に経営の負担軽減にも繋がります。

[買取条件]
・一定の有効期限
・薬価から一定割合で買取(一部後発品は除く)

症例検討会の開催
05

症例検討会の開催


幅広い分野で症例検討会を開催しています。例えば弊社の緩和薬物療法認定薬剤師が講師となり実際の症例を学ぶ、症例検討会を年4回開催しています。日本緩和医療薬学会の認定講習会なので単位の申請も可能です。実際の現場での症例を共有いたします。

定期的にセミナーを開催
06

定期的にセミナーを開催


<講演実績>
2020年03月14日
【開催延期】2020年Hyuga Pharmacy株式会社謝恩会(本田顕子先生登壇予定)
2020年03月08日
【狭間 研至氏登壇】緊急企画!!薬局業務改善と薬局運営対策セミナー
詳細はこちら
2020年02月22日
【ユニヴ社主催】調剤薬局経営者向けセミナーに講師として登壇(大阪会場)
詳細はこちら
2020年02月21日
第七回きらり薬局在宅セミナー開催(粗利を増やす為にきらり薬局が実際取り組んだ事)
詳細はこちら
2020年02月15日
【ユニヴ社主催】調剤薬局経営者向けセミナーに講師として登壇(東京会場)
詳細はこちら
2020年02月13日
第11回九州山口薬学会ファーマシューティカルケアシンポジウムに登壇しました。
詳細はこちら
2019年12月19日
第20回きらり薬局在宅緩和ケア症例検討会 開催
詳細はこちら
2019年12月18日
第六回きらり薬局在宅セミナー開催(調剤薬局経営でポイントとなる指標の数字について)
詳細はこちら
2019年11月14日
【ニプロ様共催セミナー】遠隔服薬指導解禁前に今から出来ること!開催
詳細はこちら
2019年10月27日
第24回 福島県薬剤師学術大会 参加いたしました。(遠隔服薬指導の有用性と今後)
詳細はこちら
2019年10月25日
第五回きらり薬局在宅セミナー開催(遠隔服薬指導解禁前に 今からできる事)
詳細はこちら
2019年09月11日
ニプロ社、きらり薬局共催
遠隔服薬指導解禁に向けて今から出来る事
詳細はこちら
2019年08月24日
第四回きらり薬局在宅セミナー開催(ケアマネージャーが考えるいい薬剤師とは?)
詳細はこちら
2019年08月07日
ニプロ社、きらり薬局共催
遠隔服薬指導解禁に向けて今から出来る事
詳細はこちら
2019年08月03日
「在宅医療×ICT利活用セミナー」(高齢化社会を迎える日本に求められる医療とは?)-グロービズ経営大学院共催
詳細はこちら
2019年06月25日
「第3回きらり薬局在宅セミナー」
詳細はこちら
2019年05月23日
ニプロ社、きらり薬局共催
遠隔服薬指導解禁に向けて今から出来る事

2019年03月23日
EMシステム社内説明会
在宅医療の薬局間連携について

2019年04月25日
「第2回きらり薬局在宅セミナー」
詳細はこちら
2019年02月09日
マイナビ就活EXPO「在宅医療の未来のあたり前を作りだす」オンライン服薬指導を通じて新しい医療インフラを作り出す
イベントサイトへ
2019年02月03日
エムスリーキャリア「イキイキと働く!薬学生のための業界研究・就活『攻略』フェア」@博多スターレーン
イベントサイトへ
2019年01月15日
日医工株式会社「遠隔服薬指導の今後」
日医工福岡支店

 

お問い合わせ・講演依頼・店舗見学

 

お申込みリーフレット

セミナー参加者の声

セミナー参加者の声

ここでは、過去のセミナーに参加していただいたお客様のアンケートをご紹介しまします。

======================================================================================================

【大変参考になり、勇気をもらった!】

======================================================================================================

【具体的で実務に参考となることが多く、勉強になりました。】

======================================================================================================

【自分に足りてない視点が分かりました。】

イベント・セミナー一覧

 

 

======================================================================================================

                
連携先薬局インタビュー
05

連携先薬局経営者インタビュー


弊社と業務提携していただいている薬局経営者様のインタビューをご覧いただけます。

01.アルファルマ株式会社(共生薬局)



お知らせ



個別相談・講演依頼・店舗見学など歓迎いたします


「訪問調剤の実情、継続ノウハウ」や「遠隔服薬指導の展望」「報告書システム」など
毎年120%成長を遂げる経営ノウハウを共有いたします。
1店舗、少数店舗の薬局様限定です。

こんなお悩みにお答えいたします。
●在宅医療ってどう始めるの?
●在宅をする薬剤師が集まらない!
●在宅の実績を積みたい!
●施設・医療機関との連携ってどうやるの?
●オンコール体制が上手く組めない!
●訪問調剤を進めるにあたっての注意点とは?

現在数件の薬局様と連携に取り組ませていただいております。
お気軽にお問合せください。

               

HYUGA PRIMARY CARE株式会社 
TEL:092-558-2120

対応時間:月〜金 9:00〜18:00 担当:小西(西日本)・岩見(東日本)

電話をかける

 

お問い合わせ・講演依頼・店舗見学

 

お申込みリーフレット




弊社代表黒木のTweet