トップページ

きらり薬局は福岡、千葉、神奈川に薬局を展開する調剤薬局グループです。

新卒薬剤師 採用情報 中途薬剤師 採用情報
  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. スタッフのキャリア
スタッフのキャリアスタッフのキャリア

スタッフのキャリア


1年目に感じた自分の存在意義 1年目に感じた自分の存在意義
03

私の選択はワークバランスという勤務形態


薬剤師 德重 愛弓

ワークバランスという働き方

大学在学時の薬局実習で在宅に触れ、周りは病院やメーカーに就職する中「やるなら在宅」と決意し、きらり薬局に入社しました。きらり薬局には4つの勤務形態から働き方を選べる制度があるのですが、現在私は「ワークバランス」という形態を選択しています。どのような勤務形態かというと、週にきっちり40時間勤務する、40時間以下でも、以上でもありません。時間帯は各店舗の開局時間によって変動しますが、私は9時から18時の勤務を週5日出勤するという勤務時間です。

私の選択はワークバランスという勤務形態

価値観は多様化するもの

「ワークバランス」を選択する人は既婚者や子育て中の方なのですが、私はそれ以上に「毎日決められた時間内できっちり仕事を終わらせる」ということに美学を感じています。予定も立てやすく、実は今日もこの後趣味のテニスに行く予定を入れています。そういう意味では自分の人生観、価値観にフィットした働き方をさせてもらっています。
ダイバーシティという言葉が一時期注目されましたが、組織内で価値観が多様化するということは至極当然のことのように思います。全く同じ価値観の人はいませんから。それぞれの価値観を企業と個人がどのように認め合っていくかが重要で、きらり薬局は個人の価値観を非常に高いレベルで尊重してくれていると感じています。フットサル場経営者の顔も持つ薬剤師、毎年夫婦で海外旅行に行く薬剤師、子だくさんのママ薬剤師などユニークな方が多いです。

私の選択はワークバランスという勤務形態

トレードオフしないために自分で決める

当然ワークバランスだから仕事はほどほどに…という意識は全くなく、個人的には時間内にきちんと仕事が終わるように日々やるべきことをを追いかけている感じです。仕事に追われるのは嫌なんです。終業時間がある分、少しでも効率的に、迅速に物事を進められるようにフルスロットルで動いています。仕事もプライベートも自分の裁量で充実させていっています。
仕事が大変だからプライベートが充実しない、プライベートが重要だから仕事がおろそかになる、というトレードオフの状態ではなく、仕事もプライベートも大切、だからこそ自分自身で決めて動くということが大切なのではないでしょうか。
当店の女性薬局長は結婚もされ、お子さんもいらっしゃいますが、緩和薬物療法認定薬剤師の資格を持ち緩和ケアの最前線で活躍されています。私も近い将来、自分で決めた勤務時間の中で会社に貢献したいと考えています。まずは認定薬剤師の取得を目指します。



My favorite

  • ディズニー

    ディズニー

    パークに行くのも映画を観るのも好きです。
    私にとってなくてはならないものです。

  • V6

    V6

    コンサートにもよく行っています。
    近々予定を立てて行きたいです。

  • カワウソ

    カワウソ

    手が器用で拾ったボールを手で持ってくるんです。
    そんな仕草が可愛くて大好きです。

戻る