トップページ

きらり薬局は福岡、千葉、神奈川に薬局を展開する調剤薬局グループです。

新卒薬剤師 採用情報 中途薬剤師 採用情報
  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. スタッフのキャリア
スタッフのキャリアスタッフのキャリア

スタッフのキャリア


1年目に感じた自分の存在意義 1年目に感じた自分の存在意義
02

1年目に感じた自分の存在意義


薬剤師 古賀 崇志

第三者に勧められ

まだ大学に通っていた頃、「これからは在宅が重要になる」と聞き、在宅に興味を持ちました。6年のときに参加した説明会で、「在宅やりたいなら、きらり薬局が良いよ」と言われ説明会に参加、2017年4月に入社しました。そもそもきらり薬局を勧めてくれたその方はきらり薬局の関係者ではなく、他社の薬局の方でした。他社の方から勧められる薬局ってどんな薬局だろうと、期待に胸を膨らませたのを覚えています。
コンタクトを取った後も人事の方がこまめに連絡をくださって、国試に向けた勉強のアドバイスや激励も頂き、非常に励みになりました。

1年目に感じた自分の存在意義

入社後に見えた景色

当然ギャップはありました。社会人1年目で、薬剤師としてもまだまだ未熟な私にとってはとても濃く、大変な1年目だったように感じます。入社直後に研修で太宰府店に入り、薬局長や先輩に同行させていただき、患者さんに寄り添うその姿勢に「ここまでやるんだ」と感銘を受けました。私はきらり薬局の薬剤師しか見た事はありませんが、想像していたよりも深く地域に根ざし、多職種で協働し、より社会のことを知らなければならないと痛感しました。現に今、ものすごいスピードで社会と繋がっていくことを実感しており、学生時代には考えもしなかった体験をさせてもらっています。
仕事が大変な時は、周りに相談するようにしています。スタッフの年齢も若く、現場も明るいのでとても接しやすく、先輩の事務の方も話を聞いてくれて、アドバイスもくれたりと支えられていることを実感しています。同期入社の薬剤師も6人いるのでこまめに連絡を取り合ったりして良い関係を築けているのではないでしょうか。
休日に関してはほぼ全ての希望が通ります。しっかり働いて、しっかり休む。オンとオフの切り替えも大切だと、きらりの先輩を見て学びました。

1年目に感じた自分の存在意義

必要とされているということ

在宅に取り組んでいると、患者さんやご家族、施設の方とコミュニケーションをとる中で、実際に感謝の言葉を頂く、必要とされていることを実感することが多々あります。「ありがとうございます」「他社じゃなく、きらりさんが良い」と言った言葉を聞くと当然やりがいにもなりますし、社会を通じて自分自身の存在意義を確認することができます。臨時の処方が出た時でも、「〇〇さんに早く届けたい」という気持ちになります。最初に就く分野はその後の薬剤師としてのキャリアにおいて重要だと言われていますが、ぜひ若い人たちに最初に在宅を経験していただきたいです。きらり薬局も介護業界も発展途上です。おそらく他では見ることができないような、もの凄い成長と変化を見ることができるはずです。



My favorite

  • 患者さんにいただいたマスコット

    患者さんにいただいたマスコット

    患者さんにいただいた手作りのマスコットです。
    いつも名札につけています。

  • 海の男

    海の男

    オフによく海へドライブします。
    現地で美味しいものを食べたり、
    海を眺めたりしています。

  • 背筋

    背筋

    ジムに通って背筋を鍛えるのにハマっています。
    きらりはスタッフの筋トレ率高いです。

戻る