トップページ

きらり薬局は福岡、千葉、神奈川に
薬局を展開する調剤薬局グループです。

薬局経営者の皆様へ
新卒薬剤師 採用情報 中途薬剤師 採用情報
薬局経営者の皆様へ
  1. トップページ
  2. 企業情報
  3. きらりのストーリー
きらりのストーリーきらりのストーリー

きらりのストーリー


story_04

2010年


居宅介護支援事業の 
きっかけとなった強烈な思い




  • この頃まで障害者施設向けの薬が大半で、居宅療養管理指導による処方ではなかったのですが、2010年、現在の「たろうクリニック」の浦島理事長と知り合います。浦島先生が開業した「はじめクリニック」の処方せんを引き受けるようになったことで、在宅療養患者向けの調剤・配達が本格化してきました。

    同時に、「薬だけでは在宅の患者さんを救うことはできない」と痛感する出来事も起こりました。

    はじめクリニックさんから受けた処方せんに基づき、認知症と精神疾患が進んでいるとおぼしき患者さん宅を訪問。インターホンを何度鳴らしても住人は出てこないのですが、医師の訪問指示書を見るかぎり、自力で外出できそうな状態ではありません。再訪問するのも時間がもったいないので、さらにインターホンを鳴らすと、どうやら人がいる気配はあります。15分ほど粘っていると内側から鍵が開く音がしたので、おそるおそるドアを開けると、汚物のついたおむつを履いたままのお婆ちゃんが、玄関まで這いながら出てきていました。鼻をつく異臭と、ものすごく散らかって不潔そうな室内。目を覆いたくなるような惨状でした。

    当然、会話も成り立たないのですが、何度も繰り返して薬の説明をすると、本人も相槌を打っていたので、何とか理解してもらえたと思い一包化した薬を渡して帰りました。私が訪問した時には不在だったのですが、そのお婆ちゃんは息子さんと一緒に住んでいると聞いていたので、後ほど電話をかけて薬の説明もしました。ところがお婆ちゃんは、分包紙ごと1週間分の薬を一度に飲んでしまったのです。急きょ入院し、胃洗浄で大事には至らずに済んだのですが、息子さんは母親の介護のために仕事ができなくなり、精神的にも参っているとのこと。

    私は、息子さんの負担が幾分かでも軽減できるように、地域のケアマネジャーさんに相談するようアドバイスしましたが、後日、再び薬が出てそのお宅を訪問すると、状況は全く変わっていませんでした。息子さんに確認すると、ケアマネが取り合ってくれなかったとのこと。当時の私は、対応してくれなかったケアマネに怒り心頭でしたが、今になって考えると、私の説明が不十分でした。ケアマネさんとしても、そう簡単に手を出せる状況ではなかったのでしょう。

    在宅患者さんを本当にサポートするには、薬の知識と薬局だけではダメだと強烈に実感し、以来、私は、在宅医療の点数や介護保険の仕組みについて、しっかり勉強するようになりました。